青森県庁生協のしくみ

出資金・組合加入

 青森県庁生協は、組合員一人ひとりがお金(1口300円)を出し合って運営しています。これが、「出資金」です。お預かりした出資金は、県庁生協の事業活動に使われております。

 県庁生協に組合員として加入できる方は、青森県職員(派遣その他の理由により青森県以外の機関に勤務する場合も含みます。また、日本年金機構及び全国健康保険協会の青森県内の事業所に勤務する場合も含みます。)である方か、または上記に勤務していた方となっています。

増資・積立増資
 出資金は県庁生協の運営を支える大切な資金です。運営基盤を安定させ組合員のご要望に応えるため、県庁生協では積立増資を実施中です。
減資と脱退
 出資金は会費ではありませんので、都合により県庁生協を脱退(定款第10条)又は、出資金を減額(定款17条)する場合には払い戻しされます。
※定款第10条 組合員は、事業年度の末日(3月20日)の90日前(12月20日)までに組合に予告し、当該事業年度のの終わりにおいて減資または脱退することができる。
出資配当等
 県庁生協では事業の剰余金(利益)が出た場合、法定準備金などを控除したあと、出資配当を行っています。

運営の仕組み

組合員数
52,883人
出資金
468,274千円
総 代
309名
理 事
15名
監 事
3名
(2020年3月時点)
ページの先頭へ